« 「エロゲーで人間性失う」 規制求め請願 円議員の掲示板に批判数百件 - 私的見解 | トップページ | 囲碁マンガ原作大賞(第2回) - 2 »

囲碁マンガ原作大賞 (第2回)

週刊碁7月14日号(7月7日発売)、14面より。

第2回 囲碁マンガ原作大賞の募集要項が掲載されています。
かいつまんで引用しますと、

・原作部門に加え、マンガ部門を新設。

・マンガ部門は、B4原稿に16~40枚。題名や台詞は鉛筆書き、絵にかかる文字はトレーシングペーパーを原稿に貼って、その上に書く。

・締め切りは2009年1月20日、発表は同年5月を予定。

その他詳細は、そのうちWebでも出ると思います。第1回に、マンガ(そのもの)を公募している以外は、内容は変わらない感じです。グランプリ賞金も変わっていません。著作権やメディア化が帰属するなら、もうちょっと賞金を上げてもいいんじゃないの?とは思いますが。

目に付いたのが、「協力」に芳文社が入ってる事です。最近わかったんですが、「ドージンワーク」「ひだまりスケッチ」を出しているところですよね。この賞で入選しなくても、「じゃあ、ウチで出してみないかい?」っていう話もなきにしもあらずですよね。

今年発表された、第1回を振り返ってみましょう。

http://www.nihonkiin.or.jp/news/2008/03/post_133.html

「他のストーリーに囲碁を絡ませてはどうか」というのに共感しました。

高校囲碁部を舞台にゆるゆるとした日常を描く4コマとか、どうでしょう。
#何かのパクリみたいですが…

時間がないので、このへんで。

|

« 「エロゲーで人間性失う」 規制求め請願 円議員の掲示板に批判数百件 - 私的見解 | トップページ | 囲碁マンガ原作大賞(第2回) - 2 »

コメント

都筑てんが さん>
コメントありがとうございます。

月刊誌の4コマでも多くて6ページくらいですからね。
そうでなくても、「囲碁だけ」で埋めるのは難しいでしょうから、やはり「他のストーリーに囲碁を絡ませる」という選評に共感しました。

そうなると、やはり既存作品の二次創作が手っ取り早いのかもしれません。権利関係で問題が出てきそうですが、それさえクリアになれば、いわゆる公認作品が出てくると思います。
#涼宮ハルヒシリーズの「涼宮ハルヒちゃんの憂鬱」「にょろーん☆ちゅるやさん」とか。

投稿: みきひろ | 2008年12月 1日 (月) 21:33

「芳文社」っていったら、「らいか・デイズ」とか「だって愛してる」とか出してる所っスね…。

…最近、4コマ系しか読んでない「都筑てんが」と申します。

…。
……。
………。

…それにしても、今回の囲碁マンガ大賞、マンガ部門が出来たのはいいけれど、「16~40枚」って…。

4コマ作家にとっては非常に厳しいページ数ですな…。
(4コマの新人賞は、通常、6~8ページ位)

…。
……。
………。

嫌がらせに、4コマ漫画を40ページ分ぐらい描いて、送りつけてみようかなぁ…。

第3回・第4回があれば…ですけど…。

…大丈夫なのかな、この賞?

投稿: 都筑てんが | 2008年12月 1日 (月) 21:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2879/41784445

この記事へのトラックバック一覧です: 囲碁マンガ原作大賞 (第2回):

» 囲碁漫画の募集があるらしい・その2 [受信料・花の乱 byひろさわ]
IR Station Web Log様で見つけた記事です。 7月23日現在、棋院のHPにはまだ載ってないので、非常にありがたい記事でした。 [続きを読む]

受信: 2008年7月28日 (月) 20:07

« 「エロゲーで人間性失う」 規制求め請願 円議員の掲示板に批判数百件 - 私的見解 | トップページ | 囲碁マンガ原作大賞(第2回) - 2 »