« 県自衛隊殉職隊員追悼式 | トップページ | 東部方面隊の創立記念行事 »

自衛隊音楽まつり

11月に入る前に、音楽まつりのチケットがあるのですが、いつの公演がいいですか?と聞かれ、送られてきた2枚のチケット。同伴者を探すのに苦労しました。

基本的に「自衛隊についてあまりよく知らない非ミリヲタ層、特に異性が望ましい」を同伴者にするようにしているのですが、平日の半端な時間は都合がつかない(しかも直前に言われる)。行きたかったのにスケジュール調整がつかないという例多数。同伴者を確保し、日本武道館へ。

追悼式での持ち帰りの食事は列車の中で食べることになりました。この当時はひどい肩こりの真っ最中でして、座席にいてもあまり休まらなかったのですが、なんとか新宿に到着。同伴者と西口で合流し、軽食の後、都営新宿線で九段下まで。

開場前の時間でしたが、すでに入ることはでき、券面に指定された入場口から入り、西側の席に座ることができました。
セキュリティチェックは観閲式ほどではありませんでしたが、金属探知機など、それなりにありました。

一般的なコンサートと比べて、制限がかなりユルい。携帯のアラーム音は消しておけはあるにしても、「フラッシュをたいた撮影はダメ」「三脚は迷惑にならない程度に」など。

駅の発車音、競馬のファンファーレ、ゲームのレベルアップの「音」を「音楽」として意識したことは、ありますか?
と問われた時、新たな気づきがありました。そういえば、そうだ、と。「音」ではあるけど、これを聞けば気分が高揚したりするし、急がなきゃ、とか思ったりする。それが「音の力」なんだろうなぁ、とオープニングでの気づきがあり、本篇を迎えたのでした。

<セットリスト>

始まりの響き「音」と「音楽」と アフリカン・シンフォニー
オープニングセレモニー
ドラゴンクエスト「序曲」

夏祭り/ハナミズキ/睡蓮花(陸自東方音音楽隊)
火の国(あんたがたどこさ/おてもやん)(陸自西方音楽隊)
フレンド・ライク・ミー(在日米陸軍軍楽隊)
島唄/サマータイム(米海兵隊3機動展開部隊音楽隊)
陸軍分列行進曲/乱世の神威 幸村(陸自中央音楽隊)
あの夏へ/ふるさと

ファンシードリル(防衛大学校儀仗隊)
CALL OF THE HEART(インド陸軍軍楽隊)
オータムファンタジー/われは海の子/行進曲「軍艦」(海自東京音楽隊)
空の精鋭/マクロス/ちいさい秋みつけた(空自航空中央音楽隊)

自衛太鼓

ローマの松より「アッピア街道の松」/今日の日はさようなら
HERO

春よ、来い

もう、あっという間の1時間50分でした。

過去の音楽まつりについては、DVDソフト化されていますが、Blu-rayで見たいなーとも思います。
海外からのゲストバンドは国際親善にもなる。それぞれのお国柄も出て、面白いし、迫力がある。

日曜日には、第5回公演がインターネット配信され、その終了を待ってSNSに公開をしました。

個人的にはガルパンの曲を期待していたのですが、さすがにムリですね…

終了後、すぐに会場外に退出できたのですが、九段下の駅は混雑するだろうということで、同伴者のご案内で靖国通りを秋葉原まで歩く。だいたい1500mくらい?その辺あまり意識はしてなかったです。東京はとにかく歩く所だと思っているので。でも、上野駅まで足を伸ばす体力は無かったです。

秋葉原駅から上野駅乗り換えで、宿泊地へ。午前の追悼式も含め忙しかった一日でした。

|

« 県自衛隊殉職隊員追悼式 | トップページ | 東部方面隊の創立記念行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2879/64503014

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊音楽まつり:

« 県自衛隊殉職隊員追悼式 | トップページ | 東部方面隊の創立記念行事 »