« 2016年12月 | トップページ

駐屯地成人記念行事

1月13日(金)は、駐屯地成人記念行事に来賓として出席してきました。
前日より私の地元は雪が舞ったり、降ったり。予報は終日曇りといいますが、通勤時の渋滞等見越して、裏道を駆使しつつ早めに駐屯地へ。こういう席であったので和服で行こうと思ったのですが、足袋を紛失。お足元も悪い中でしょうし、主役ではないので、普通にスーツで行きました。

広報の方にご挨拶したのですが、大半が異動で入れ替わっており、良くしていただいている広報幹部も教育のため不在…。行事前の待合の会議室も知っている人がほとんどいない状態でした(知っている方は来ましたが、待合の場所が違いました)。来賓として会場に入る段になって、知っている方とお話しできました。モニターの立場の中では私は出席率高い部類なのだろうか。

駐屯地で成年を迎える(た)自衛官は60人。ほとんどが普通科連隊の陸士長・一等陸士。訓練のため不在の隊員もおりました。体育館での式典を終了し、新成人は、隊舎の屋上へ。一人一人が、屋上から決意表明。「立派な自衛官として成長をしたい」「貯金をして家族に旅行をプレゼントしたい」など、自分が二十歳になった時と比べて、立派であり、頼もしく思いました。その後、決意を書いた紙飛行機を一斉に飛ばします。滞空時間が一番長かった隊員は、会食の席で表彰されました。

場所を移して、記念会食。ステージに一番近い席。島の真ん中よりは端っこの方だったので助かりました。
新成人は、高校を卒業して入隊するか、社会人を経て入隊した人。入隊区分は違えども、入隊から1~2年ほどだったら一等陸士か陸士長なんですね(参考資料:防衛白書)。ただ、新成人代表の方は陸曹で、会食の際に近くの幹部の方に訊くと、その方は高等工科学校出身だと伺いました。

おそらく、夕方のニュースで放送されるんだろうなぁ、と思って、録画した番組を見てたのですが、「大雪」「軽井沢のバス事故から一年」「御嶽海」で入る余地がない。そして、撮影した画像を見てて、一眼レフカメラの内部にゴミが混入していたことが判明。ヒゲのようなチョロンとしたゴミで、センサーを見ると、目視できる大きさ。画面の端っこだったのがまだ救いだったか。

委嘱期間も残り半分余りとなり、もっと色々知りたいなぁ、と感じております。

本日はありがとうございました。
そして、おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ